<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
愛コムネットの介護支援
横浜市のヘルパーステーション 地域のみなさんに愛されるヘルパーステーションをめざしています
<< 女子モーグル上村愛子選手に拍手! あなたの好きなことば(^_^)v | main | あなたは離れている親の介護で悩んでいませんか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | -
あなたは大切にしている「いのち」を奪えますか?
JUGEMテーマ:介護
最近、自分の子供を育てられずに虐待したり、殺したりするニュースがマスコミに取り上げられることを良く目にします。
本当に、日本はどうしてしまったのでしょうか?そんな事件は昔からあったのかもしれませんが、どうも最近の日本、そして日本人が壊れはじめている(ただ変質しているだけなのかも?)ような気がしてなりません。

昨日の新聞を読んでいたら「犬・猫 輸送中に殺処分」という見出しに目が留まりました。一部の不心得な人間が、欲しくて買ったペットを手に負えなくなって捨てる事象が増えていることは知っていましたが、そんな捨て犬、捨て猫を集める施設での殺処分が、住民に反対されて考えついた苦肉の策だと解説されていましたが、みなさんはどう思いますか?

こうした処分を始めたのは、県が施設を建てる際の住民との話し合いで「施設で動物を殺さない、焼却しない」という約束になったからだそうです。県は処分装置のメーカーと相談し、「走っているトラックの中なら処分場所を決めずにすむ」と移動式装置を取り入れることにした経緯があるそうです。

この事案は、最近の日本や日本人の我がままで無責任な悪い特徴を良く反映していると感じるのは私だけではないと思います。
今話題の普天間基地移設の問題も、どこか根っこには同じ本質的原因が潜んでいるような気がします。

一つの施設だけで、この方法で年間5千から1万匹を処分しているそうです。
我が家は現在、犬を飼えないマンションなので、家内と娘から「犬の飼える庭のある戸建てに移りたい」と熱望されていますが、とてもすぐには実現できないので、小さな可愛い「ハムスター」で我慢していますが、ペットショップに行く度に、「犬が欲しい」とおねだりされています。私自身も子供の頃、真っ白なスピッツと楽しかった思い出がありますので、私も犬が大好きです。

そんな気持ちで、心ない飼い主に捨てられるペットの哀れさを思うと人間の身勝手さに腹立たしくなります。

それじゃどうすればいいのか?

命の大切さと飼い主の責任という当たり前のことをしっかりと、誰かが伝えることです。
全国の自治体の殺処分の実態を調べている動物愛護団体「地球生物介護ALIVE」(東京)の野上ふさ子代表は「飼えなくなったら新たな飼い主を探すべきだし、最悪でも動物病院で自分の手の中で安楽死させる方法もある。自治体側も飼い主が引き取りを求めてきたら、最後まで責任を持つように説得してほしい」と話しています。みんなが嫌なことから逃げていたら、日本や日本人という前に人間として当たり前のことを、子供たちや若者たちへ伝えていくこともできないのではないかと心配するのは私だけでしょうか?
可愛い生き物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovecomnet.jugem.jp/trackback/31
この記事に対するトラックバック